おかじーのはてなブック  〜雑多な日常〜

WEBライターのブログです。お役立ち情報や裏話などを配信しています。

投資・資産運用は40代からがおすすめ!始めるメリットを徹底解説!

f:id:buzzre95g:20190611174430j:plain


30代後半や40代になると、お金のことに関して将来的にも不安を抱えてくる年代です。子供がいる方の場合は子供も小さく教育費や生活費がかかる時期。独身の方の場合も老後の将来についてそろそろ真剣に考えなくてはならない時期です。

 

この記事では40代から始める投資について、資産運用を始めるメリットを解説いたします。

 

投資は40代からがおすすめ

資産運用は投資をする期間が長ければ長いほど、効果的です。日本の社会では年金がもらえるのは65歳から。40歳から投資を始めたとしてもあと25年もあります。30代後半から40代という年代は仕事もプライベートも忙しくお金のことに対して向き合う時間がなくなりがちです。

 

しかし、金銭的にも少し余裕の出てくる時期でもあります。だからこそ自分の老後の将来や家族や子供の将来のために向き合うには良い時期です少しでも早いうちから投資を始めれば、早い段階から成果が得られます。

 

40代からの投資のメリット

f:id:buzzre95g:20190611174456j:plain

 

では40代から投資を始めると、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

  • 定年までの時間的余裕がある

先述したとおり、仮に40歳で投資を始めた場合は定年して年金がもらえる、65歳までの間に25年の時間的余裕があります。資産運用はリスクが少ないものを選び、長期運用していくことが大切です。

 

定年間近に投資する方の場合、時間的余裕の無さからリスクの高い商品に手を出してしまうことも少なくありません。精神的余裕からも投資は早い時期から始めていた方が有利と言えます。

 

  • 運用資産に回す資金に余裕がある

20代や30代前半の方の場合、まだ投資に回せる金銭的余裕がなく、資産運用を始められない方も多いです。40代前後になると、若い頃に比べて資金にも余裕が出始める頃です。資産運用に回せる資金も確保することが容易でしょう。

 

銀行に資産を預ける場合は金利も低く、資金を増やすことは難しいため、資産運用を検討してみると良いでしょう。

 

  • リスクの高い投資商品にも手を出せる

投資はリターンを得ようとするとリスクが付き物です。従ってハイリターンを得ようとするとハイリスクを選択する必要があります。定年が近くなる50代や60代になると、なかなかリスクの高い投資商品には手が出せないもの。

 

しかし、40代のうちであれば、まだまだリスクの高い投資商品にも手を出せる余裕があるでしょう。

 

投資の種類

実際に投資を始めるとなると、どこに投資をするのか種類を選択する必要があります。

 

投資の種類は大きくは次の通りです。

 

  • 株式投資

f:id:buzzre95g:20190611174523j:plain

 

企業の株式を購入することで発行会社の出資者になることで、配当金や株主優待を受け取る権利を得ることができます。株式投資の特徴は株価が安い時に購入し、高い時に売却すればその差額が利益になるところです。これを「値上がり益(キャピタルゲイン)と呼びます。

 

逆に業績が悪くなると株価が値下がりして、資産を失う可能性もあります。

 

  • 為替取引(FXなど)

為替取引は米ドルと日本円など、異なる2つの効果を交換する取引のことです。為替取引には「為替レート」という用語が用いられ、各国の経済状況や政治状況に影響されます。日本円を基準に取引を行うため、為替レートを表すときは「円安」や「円高」という言葉が用いられます。

 

円高の時に購入し円安のときに売却すれば、その為替差益を得ることができます。

 

  • 投資信託

投資信託とは、投資家から集めたひとつの大きなお金をもとに、運用の専門家が複数の株式や債権などを運用する金融商品のことです。投資家は投資額に応じて、その運用成果を報酬として受け取ることができます。

 

  • 不動産投資

f:id:buzzre95g:20190611174643j:plain

 

不動産投資とは、利益を得る目的で、マンションやアパートなどに投資をする方法です。購入した金額よりも高い金額で不動産を売却したり、購入した不動産を入居希望者に貸したりすることで、利益を得ます。

 

マンションやアパート以外にも、一戸建てや駐車場などの様々な種類の不動産投資があります。

 

  • 商品(金など)

金などの現物商品も投資に利用されています。金のなかでもいわゆる純金は非常に価値が高いです。価格が急落する可能性も低く、安定性も高い投資商品です。また不動産投資などの土地・建物などと異なり、税金がかからないことも大きな特徴です。

 

 

40代の平均収入

まずは資産運用を始めるには、資金がなければ始まりません。ここでは40代の平均収入額をご紹介します。平成30年の国税庁による民間給与実態統計調査によると、

 

  • 男性40歳~44歳→520万円
  • 男性45歳~49歳→537万円
  • 女性40歳~44歳→286万円
  • 女性45歳~49歳→275万円

 

全年齢の平均給与が男性467万円、女性279万円という金額からも40代が比較的収入が高いことがわかります。もちろん、職種や業種によって金額は変動します。平均よりも平均年収が低い場合もうまくやりくりを行えば資産運用は可能です。

 

参考:国税庁 長官官房 企画課 平成30年度 民間給与実態統計調査ー調査結果報告ー

 

投資のポイント

f:id:buzzre95g:20190611174838j:plain

 

投資を始めるにあたって気をつけていたい2つのポイントをご紹介します。

  • 65歳時点の資産額の目標設定を行う

まずは65歳時点でどの程度の生活レベルを希望するのか、会社の退職金制度の把握や年金の受給額を確認しておきましょう。これらを把握して目標を設定しておくことで、今から資産をいくら増やす必要があるのか、不足額はいくらなのかが明確になります。

 

裏を返すと目標が決まるっていないと、選ぶべき金融商品の選定や投資元本の利回りの設定ができません。

 

  • 目標が決まったら早めに投資を始める

目標が決まったら、早めに投資を始めましょう。投資でリスクを抑えながら安定した資産運用をするためには少なくとも10年以上の時間が必要です。始めるのが遅ければ遅いほど、投資で得られるメリットが少なくなります。

 

40代から投資を始めたとしても、年金を受給するまでは20年以上あります。安定した資産の増加には十分な時間です。

 

まとめ

f:id:buzzre95g:20190611174746j:plain

 

40代から資産運用を始めるメリットを解説してきました。いかがでしたでしょうか。

 

40代は資産運用を始めるチャンスの時期です。投資や資産運用は時間をかけてお金を増やしていくため、時間があるということは大きなアドバンテージになります。あなたも投資や運用、目標設定を明確にして、この機会に投資を始めてみてはいかがでしょうか。