おかじーのはてなブック  〜雑多な日常〜

WEBライターのブログです。お役立ち情報や裏話などを配信しています。

引き寄せの法則とは!? 〜顕在意識と潜在意識の内容を解説!〜

f:id:buzzre95g:20190323132208j:plain

 

あなたは叶えたい夢や願望がありますか? お金持ちになりたい、何か買いたい物がある、住みたいことろ、恋愛、受験、etc......

 

今、私たちの目の前で起きている現実は全て自分自身の思考が引き寄せてきた結果なのかもしれません。「思考は現実化する」世の中は至ってシンプルな法則出来上がっているという原理。

 

それが引き寄せの法則です。

 

引き寄せの法則は2006年にザ・シークレットという本が出版されてから一気にメジャーになりました。

 

 

引き寄せの法則の元々の由来 

引き寄せの法則の元々の由来は、ユングやフロイトといった心理学者が提唱したと言われています。

 

人間の意識には2つがあり、顕在意識と潜在意識に分かれると言われています。この内、普段私たちが考えていることは顕在意識。もっと掘り下げて深い領域と物事を堪えているのが潜在意識です。

 

氷山で言うと海面から地上に頭を出している部分が顕在意識で海面に埋もれている部分が潜在意識。氷山の一角と言う言葉がある通り、氷山は海底に埋もれている部分が大半を占めています。

 

潜在意識には生まれてきてから経験してきた全てが詰まっている領域のことで、人生を形成したり、目の前の現実世界を形成していたりします。

 

意識のうちの9割がこの潜在意識で占めらていると言われており、顕在意識はほんの一部に過ぎません。正に、顕在意識は氷山の一角に過ぎないのです。

 

f:id:buzzre95g:20190323132312j:plain

 

潜在意識を活用するには

顕在意識と潜在意識の例えを説明すると、「今日はランニングをするぞ!」と息込んだとしても途中で怠けてしまったり、「やっぱり明日でいいや」と断念してしまったり......

 

このような時、要は顕在意識だけが「頑張ろう」と思っていても、潜在意識が怠けたままでいるので、結局意識の大変を占めている潜在意識の方が優って結局行動できないのですよね。

 

顕在意識と潜在意識の食い違いを無くす

顕在意識と潜在意識が食い違っている......そんな時、どうすれば良いか?

 

この潜在意識を利用してしまえば良いのです。

 

引き寄せの法則の思考の考え方で、マザーテレサの有名な名言を紹介します。

 

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

このマザーテレザの名言は潜在意識を端的に表現しています。

 

「あ〜自分はだめな奴だな」といつも言葉にしていたり、考えていたりなど愚痴や弱音を吐いてばかりいると、いつしかそれが潜在意識に根付いてしまい、積極的な行動が出来ずに臆病な性格なってしまいます。消極的な人生を引き寄せてしまうのです。

 

そんな人が急に「成功したい」と願っても行動が伴わずに現実にはなりません。

 

潜在意識をマインドセットする

じゃあどうすれば良いのかというと、潜在意識に自分の願望を刻み込んでしまうのです。引き寄せの法則でよく言われていることは、まず自分の欲しいものが願望を明確にすること。そしてそれらが全て叶っていると信じること。この、とりあえず信じることが重要です。

 

何故なら、潜在意識は否定形を理解することが出来ないからです。どういうことかというと、仮に「失敗したくない」という願望を持っていたとすると、潜在意識は「〜したくない」という否定部分を理解出来ないため、「失敗」というキーワードだけ拾ってしまいます。すると結果的に失敗してしまう、と言うことになります。

 

ですので、願望は肯定的でなければいけません。彼氏や彼女が欲しかったとするともうすでに恋人がいることを想像する。金持ちになりたかったら金持ちになっていると想像すること。

 

そしてそれに加えてもっとも大事なことが願望が叶ったときの嬉しさに浸ることです。

叶った時の感情に浸ることでさらに現実を引き寄せることが出来ます。何故かと言うと、潜在意識は現実と想像の区別もつかないからです。

 

f:id:buzzre95g:20190323132441j:plain

引き寄せの法則は類は友を呼ぶに似ている

引き寄せの法則は「類は共を呼ぶ」に非常によく似ています。これは日々自分が引き寄せている出来事や人が、今の自分の状態に似ているからです。

 

良い出来事や嬉しいことなど、ポジティブなことを考える人にはポジティブな出来事や人を引き寄せます。逆に悪い出来事や不快なことなどネガティブなことを考えている人にはネガティブな出来事や人が集まります。

 

要は考えていることや感じていることが現実となるのです。目の前にある現実は”今”の連続で構築されています。今、何をどう感じるかが大切です。

 

引き寄せの法則はスポーツのイメージトレーニングと同じ

引き寄せと法則はスポーツのイメージトレーニングと同じで、良くオリンピック選手などが試合前に成功している自分をイメージトレーニングしていますよね? あれと同じなのです。

 

叶えたい現実に浸って、叶える。そんな法則です。有名な例ではサッカーの本田圭佑さんは小学校の頃の卒業文集で書いたことがほとんど現実化しているみたいです。これって凄いですよね。

 

f:id:buzzre95g:20190323132510j:plain

 

まとめ

引き寄せの法則について解説してきました。いかがでしたでしょうか? 引き寄せの法則とは日頃から「俺は出来る! 私はやれる!」と自信を持って行動していると、顕在意識と潜在意識が一致して願いが現実になりやすい、という法則でした。

 

「自分はやれると信じれば、現実になる」

 

あなたも引き寄せの法則を信じて活用してみませんか?

 

<おわり>